多くの顧客を惹きつける店舗デザインを選択するには何が必要?

店舗のコンセプトに合ったデザインをプロに依頼しよう

飲食店や小売店などの内装のデザインは、客入りを左右する重要なポイントとなるため、開店準備の際に店舗のコンセプトに合うデザインを採用することが大切です。また、ターゲットとなる顧客の年齢や性別、客層などを想定して店舗デザインを選ぶにあたり、過去に様々な業態の店舗デザインを担当した事務所に相談をすることがおすすめです。最近では、法人や個人事業主を対象に、ネット上で店内の壁紙や床材、インテリアの配置などを提案してくれるデザイン事務所の数も増えています。そのため、開店準備の手間を省きたい場合には、早いうちに各事務所の依頼者のレビューに目を通して、都合の良い手段でデザイナーと打ち合わせができる事務所を探してみましょう。

店内の見栄えの良さだけでなく機能にも注目しよう

店舗デザインを考えるにあたり、単に見栄えの良さだけでなく、利用客が過ごしやすいように機能にも注目することが大事です。例えば、子どもからお年寄りまで幅広い年齢層の利用客が集まる店舗を目指すにあたっては、テーブルや椅子などの配置を工夫したり、ゆとりのあるスペースを設けたりすることがおすすめです。また、店内での事故のリスクに備えるうえで、出入り口や階段などの段差を解消するのはもちろん、必要に応じて手すりやスロープなどを設置するのも良いでしょう。なお、資金に余裕がある場合には、利用客のニーズにこたえるため、近隣の有力な工務店や設計事務所などに依頼をして店内のリフォームをする方法もあります。

店舗デザインは、リピーターを獲得したり、初めて来店する人に好印象を持ってもらうために大事なポイントといえます。