起業して間もない実業家も利用できる賃貸オフィスはある?

月単位で契約を結べる好立地のオフィスも多い

賃貸オフィスは、業種や業態によらず様々な目的で利用できるところが多く、最近では起業して間もない実業家も保証人を立てずに契約を結べる物件も増えています。特に、月単位で契約ができる賃貸オフィスについては、近隣の物件と比べて初期費用や月々の賃料が高いところが少なくありませんが、ビジネス街や駅前などの好立地にオフィスを構えられるといった利点があります。最近では、敷金や礼金などが一切発生しない賃貸オフィスに対して注目が集まっています。こうした物件は、一般企業の経営者だけでなく、若手の実業家や個人事業主などの間で利用価値の高い物件として位置づけられるようになっています。

オフィス用品を自由に利用できる物件もある

賃貸オフィスには実に様々なタイプがありますが、中でもデスクやチェア、パソコン、コピー機などの一通りのオフィス用品を自由に利用できる物件に人気が集まっています。こうした物件を選ぶことで、事務用品を購入する手間を省けるだけでなく、将来的に発生するランニングコストも抑えることが可能です。各地の法人向けの物件をメインに扱っている管理会社の中には、契約者の数が多い賃貸オフィスに備え付けられているオフィス用品種類について詳しく紹介しているところもあります。そのため、物件選びを始めるうえで、まずは実際に賃貸オフィスを契約している経営者のレビューを参考にしたり、信頼できる管理会社の担当者におすすめの物件について紹介してもらったりすると良いでしょう。

港区で賃貸事務所というと、賃貸料の高さが気になります。しかし、港区には大小様々な企業があり、ビジネスパートナーが探しやすい場所です。取引先までの交通費を考えると、そう高くはないのかもしれません。