注文住宅を考えてる方必見!後悔しない間取りと収納作り

興奮します!間取り作成

注文住宅において、間取りの作成を考えるのは、とても楽しくワクワクする事ではないでしょうか。それと同時に、いちばん失敗したくないのも間取り作成、と考える方は多いと思います。家のスペースは、限られていますので、優先順位をつけて、上手に配分するのが大事になってきます。そこで、置く予定の家具や家電製品などを、平面図に書き込んで、各部屋の広さが充分確保出来るのか確認したり、扉の開閉で邪魔になる事がないのか等をシミュレーションして、イメージを膨らませるのも良いかもしれません。それと、意外に大事なのが、家電製品の動く音や、人の話し声、足音等の生活音ですね。寝室や家族が集まるリビングに、あまり影響が出ないように配置する事も重要でしょう。悩ましい問題は他にも色々ありますが、それでも間取りを作成する事は、施主を含めた家族にとって、興奮する至福の時間ではないでしょうか。

収納は生活動線が肝!

収納場所が多くあると、物が片付いて非常に有り難いですよね。でも、闇雲に作ればいい訳ではないでしょう。収納スペースが広いと、物が沢山入るので便利だと思うでしょうが、奥に詰め込んだ荷物が取り出しにくい事になり、逆に不便に感じるかもしれません。収納を作るときに大事なのは、生活動線を基準に考えて配置する事ではないでしょうか。動線上に収納を設けることで、道具の出し入れがスムーズになり、整理整頓が楽になると思います。収納は、数や広さも大事ですが、生活動線を意識して、日常生活の無駄な動きが少なくなるように工夫したいものですね。

京都の注文住宅は、1級建築士のいる業者に相談しましょう。住宅のことだけでなく、土地のことなどにも相談にのってくれます。