収納や家事導線はバッチリ!暮らしが便利になる間取りのアイデア3選

家族で使う玄関は間仕切りを

玄関は靴や傘、ベビーカーなど、意外と物であふれますよね。たくさん物を置けるほうがいいけれど、お客さんが来たときにはすっきりキレイに見せたいという人は多いもの。それを両立させてくれるのが、玄関内を家族用・来客用に区切る方法です。扉を開けると二つの入り口に分かれていて、正面には来客用玄関が広がり、その脇には物をたっぷりしまえる家族用玄関が。こうすると、急な来客でも散らかった玄関を見られず、慌てて片付ける必要もありません。

キッチン・脱衣所は回遊式に

主婦が一番気になるのが、キッチンや脱衣所の家事導線。朝起きたらまず洗濯機をまわして、ごはんを作ったら洗濯を干して…と、朝はとにかく忙しいものですよね。ここで便利なのが回遊式。キッチン、脱衣所、リビングなどをぐるっと一周できるようにすることで、複数の家事を並行して行いやすくなります。それに、あちこちの通路を行ったり来たりしなくてすむのは、精神的にも楽になるもの。家事にかかるストレスを大きく減らしてくれること間違いなしです。

小屋裏や中二階を設けて、収納専用スペースに

物が増えすぎて一部屋物置になってしまったなんてことにならないよう、収納専用スペースは大事。とっておきたい家電製品などの大型段ボール箱や大切で捨てられない思い出の品など、暮らしているとどんどん物が増えていくものです。この対策には、小屋裏や中二階が便利。小さい子がいる場合は一時的に子供部屋として活用することもできます。

暮らしが便利になる間取りアイデアは、以上の三つになります。家族の生活スタイルに合ったものをうまく取り入れて、負担のない暮らしを実現してくださいね。

東京の注文住宅は、全国展開をしている住宅メーカーの他、地域に根差した老舗の工務店、才能豊かな建築士が在籍する事務所など様々な場所で施工を依頼をすることができます。