本当にワンルームで大丈夫?ワンルームを賃貸するときのポイント

ワンルームは当たり外れがある

ワンルームの部屋を選ぶのは一人暮らしのときにはよくありますが、良い物件だったと喜ぶ人もいれば、失敗だったと後悔する人もいて良し悪しが両極端なことが知られています。ワンルームを賃貸するときには当たり外れがあることを理解して慎重に物件を吟味するのが大切です。失敗例としてどんなものがあるのかを知っていると役に立つので三つの失敗例を確認していきましょう。

三つの失敗例から学ぼう

ワンルーム選びでの失敗例としてまず挙げられるのが部屋の狭さです。内覧してみると十分なスペースがありそうだと思ったけれど、家具や家電を入れてみたらとても窮屈になってしまったという失敗はよくあります。間取り図に家具や家電を実寸で書き込んでみて本当に狭くないかを見極めるのが大切です。

これに類似した失敗例として収納不足があります。小さな押入れが一つあるだけというケースが多く、布団などを入れるのがギリギリでタンスやクローゼット、衣装ケースなどを買わざるを得なくなってしまうと部屋が狭くなります。物が増えると使い勝手も悪くなりがちで失敗したという後悔をしがちなパターンです。

もう一つの失敗例として挙げられるのが壁の薄さです。ワンルームは隣の部屋の居住空間と壁一枚で接していて、間に押し入れなどのクッションになる部分がないことがよくあります。古い建物ほど部屋数を増やすために壁を薄くしている傾向があり、隣人の生活音が気になりがちなので気を付けて確認しておきましょう。

小樽の賃貸は暮らしやすい地域の魅力もありますが、周辺地域には飲食店が多くあるのでグルメも楽しめる環境です。