賃貸オフィスのメリットとデメリットとは?

賃貸オフィスのメリット

会社を設立するためにはオフィスを構えなければならないと思っている方は多いのではないでしょうか。実際にはそのようなことはなく、例えば代表者の自宅などを本店にして会社を設立できるのです。そのため、賃貸オフィスを借りるかどうかは、そのメリットデメリットをしっかりと見極めたうえで判断する必要があります。

まず、賃貸オフィスを利用するメリットの一つは、事務処理の負担を減らせるという点です。オフィスを購入したり、自宅をオフィス代わりにする場合には、建物や設備の管理をすべて自分で行わなければなりませんが、賃貸オフィスであればそういった管理はすべて管理会社や物件のオーナーの方で行ってくれるため、余計な手間がかからずに済むのです。また、自らオフィスを所有する場合と比べると、賃貸オフィスを利用した方が初期投資を抑えられますので、事業資金にあまり余裕が無いような場合には、賃貸オフィスを利用するのがおすすめです。

賃貸オフィスのデメリット

一方で、賃貸オフィスを借りることにはいくつかのデメリットも存在します。もっとも大きなデメリットは毎月家賃を支払わなければならないという点です。家賃は固定費として会社の事業継続にとって重いコストになりますので、特に会社を設立したばかりで収入が安定しない状況ではできれば負担しないに越したことはありません、また、将来的に契約更新時にオーナーから家賃の値上げを求められる可能性があるという点もデメリットであると言えるでしょう。

ECサイトの運営が軌道に乗り事業拡大を目指せる環境が整った、そんな時は中央区で賃貸オフィスを借りるのも、一つの経営戦略となります。